コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

あらまし アラマシ

3件 の用語解説(あらましの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あらまし

[名]
事柄のだいたいのところ。概略。「事件のあらましを話す」
前もって先のことをあれこれ考えること。予想。予定。
「かねての―みな違(たが)ひゆくかと思ふに」〈徒然・一八九〉
[副]
おおかた。おおよそ。「普請はあらまし出来上がった」
前もって。かねてから。
「心の限り仕うまつらむと、―おぼされつるに」〈増鏡・春の別れ〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

あらまし

( 名 )
大体のこと。概要。概略。荒筋。 「事件の-を説明する」
前もって思いはかること。予定。予想。 「おはしましし世の御-なりけるとて/増鏡 藤衣
( 副 )
全部ではないが、ほとんど。大体。おおよそ。あらかた。ほぼ。 「建物は-出来上がった」

あらまし

( 連語 )
〔動詞「あり」に推量の助動詞「まし」の付いたもの〕
客観的に多くは事実に反することを仮想したり、不明の事実を推量したり、話し手の意志、希望などを表明する。…であろう。…でありたい。 「梓弓引きてゆるさず-・ませば/万葉集 2505」 「かくばかり恋しくあらばまそ鏡見ぬ日時なく-・ましものを/万葉集 4221
予想したり期待したりする意を表す。ありたいと思う。 「おのづから逢ふ夜あらばの-・ましも思ひ絶えぬる身の思ひかな/新続古今 恋二」 → まし(助動)

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あらましの関連キーワード大筋大凡概評此の所大旨対代大要粗筋痛いの痛いの飛んでいけ此処の所

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

あらましの関連情報