コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

あらまし アラマシ

デジタル大辞泉の解説

あらまし

[名]
事柄のだいたいのところ。概略。「事件のあらましを話す」
前もって先のことをあれこれ考えること。予想。予定。
「かねての―みな違(たが)ひゆくかと思ふに」〈徒然・一八九〉
[副]
おおかた。おおよそ。「普請はあらまし出来上がった」
前もって。かねてから。
「心の限り仕うまつらむと、―おぼされつるに」〈増鏡・春の別れ〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あらまし

( 名 )
大体のこと。概要。概略。荒筋。 「事件の-を説明する」
前もって思いはかること。予定。予想。 「おはしましし世の御-なりけるとて/増鏡 藤衣
( 副 )
全部ではないが、ほとんど。大体。おおよそ。あらかた。ほぼ。 「建物は-出来上がった」

あらまし

( 連語 )
〔動詞「あり」に推量の助動詞「まし」の付いたもの〕
客観的に多くは事実に反することを仮想したり、不明の事実を推量したり、話し手の意志、希望などを表明する。…であろう。…でありたい。 「梓弓引きてゆるさず-・ませば/万葉集 2505」 「かくばかり恋しくあらばまそ鏡見ぬ日時なく-・ましものを/万葉集 4221
予想したり期待したりする意を表す。ありたいと思う。 「おのづから逢ふ夜あらばの-・ましも思ひ絶えぬる身の思ひかな/新続古今 恋二」 → まし(助動)

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

あらましの関連キーワード巻き上げ法・巻上げ法夕べの陽に子孫を愛す掻い摘む・搔い摘む枠組み・枠組アウトラインあずきなしこじつく窺い知る天気概況あらます案に落つ筋書き概念図付き者閑・和万葉集腰の物粗積り要略略記

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

あらましの関連情報