コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

あらまし アラマシ

デジタル大辞泉の解説

あらまし

[名]
事柄のだいたいのところ。概略。「事件のあらましを話す」
前もって先のことをあれこれ考えること。予想。予定。
「かねての―みな違(たが)ひゆくかと思ふに」〈徒然・一八九〉
[副]
おおかた。おおよそ。「普請はあらまし出来上がった」
前もって。かねてから。
「心の限り仕うまつらむと、―おぼされつるに」〈増鏡・春の別れ〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あらまし

( 名 )
大体のこと。概要。概略。荒筋。 「事件の-を説明する」
前もって思いはかること。予定。予想。 「おはしましし世の御-なりけるとて/増鏡 藤衣
( 副 )
全部ではないが、ほとんど。大体。おおよそ。あらかた。ほぼ。 「建物は-出来上がった」

あらまし

( 連語 )
〔動詞「あり」に推量の助動詞「まし」の付いたもの〕
客観的に多くは事実に反することを仮想したり、不明の事実を推量したり、話し手の意志、希望などを表明する。…であろう。…でありたい。 「梓弓引きてゆるさず-・ませば/万葉集 2505」 「かくばかり恋しくあらばまそ鏡見ぬ日時なく-・ましものを/万葉集 4221
予想したり期待したりする意を表す。ありたいと思う。 「おのづから逢ふ夜あらばの-・ましも思ひ絶えぬる身の思ひかな/新続古今 恋二」 → まし(助動)

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

あらましの関連情報