後頼(読み)あとだのみ

精選版 日本国語大辞典の解説

あと‐だのみ【後頼】

〘名〙
① 後のことの処置を依頼すること。
② 今後のことをあてにし、頼みにすること。将来に希望を託すること。
浮世草子・世間手代気質(1730)四「重ねてもよき仕合のあらんと、後(アト)だのみして油断し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android