コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徐敬得 じょけいとく Sŏ Kyŏng‐dŏk

1件 の用語解説(徐敬得の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

じょけいとく【徐敬得 Sŏ Kyŏng‐dŏk】

1489‐1546
朝鮮,李朝の学者。字は可久。号は復斎,花潭。唐城の人。18歳のとき《大学》の格物窮理条を読んで感動,以後仕官には意を用いず,開城の花潭に庵を建て,読書思索と遊歴の一生を送った。宇宙の根源としての大虚を気ととらえる気一元論を唱え,〈主気論〉の先駆者とされ,朱熹(しゆき)の理気論の理に重点を置いて自説を展開した〈主理論〉の先駆者晦斎李彦迪(りげんてき)(1491‐1553)と対照される。著書に《花潭集》がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

徐敬得の関連キーワード李霆李滉高麗茶碗鄭麟趾李朝李朝実録朝鮮通信使書堂末学非学者

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone