コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

諡号 シゴウ

デジタル大辞泉の解説

し‐ごう〔‐ガウ〕【×諡号】

貴人・僧侶などに、その死後、生前の行いを尊んで贈る名。贈り名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

諡号
しごう

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の諡号の言及

【諡】より

…別に私諡,僧諡などがある。字(あざな)諱(いみな)【勝村 哲也】
[日本]
 諡号(しごう)ともいう。7世紀の後半に至って日本でも採用され,諡を贈ることは天皇の大権の一つとされた。…

※「諡号」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

諡号の関連キーワード大灯国師・大燈国師東照大権現舒明天皇円光大師慈覚大師慈恩大師理源大師嘉祥大師大灯国師亀井豊鶴大谷枝子大行天皇見真大師天倫宗忽慈眼大師立正大師伝教大師慈慧大師古学先生智証大師

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

諡号の関連情報