諡号(読み)しごう

精選版 日本国語大辞典「諡号」の解説

し‐ごう ‥ガウ【諡号】

〘名〙 貴人、僧侶の死後、その人の生前の行ないをほめたたえておくる名。おくり名。
※続日本紀‐養老五年(721)一〇月丁亥「朕崩之後、冝大和国添上郡蔵宝山雍良岑竈火葬。莫他処号称其国其北郡朝庭馭宇天皇

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「諡号」の解説

【諡号】しごう(がう)

おくり名。〔晋書、礼志下〕立濟世、仁風を揮揚し、以て泰山登封する七十四家、其の諡號の知るべき四あり。沈淪寂、曾(すなは)ち聲無き(あ)げて記すべからず。

字通「諡」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

世界大百科事典内の諡号の言及

【諡】より

…別に私諡,僧諡などがある。字(あざな)諱(いみな)【勝村 哲也】
[日本]
 諡号(しごう)ともいう。7世紀の後半に至って日本でも採用され,諡を贈ることは天皇の大権の一つとされた。…

※「諡号」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

七夕

旧暦 7月7日の夜に,天の川(→銀河系)の両岸にある牽牛星(ひこぼし。わし座のα星アルタイル)と織女星(おりひめ。こと座のα星ベガ)が年に一度相会するという伝説に基づいて,星をまつる行事。五節供の一つ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android