諡号(読み)シゴウ

デジタル大辞泉の解説

し‐ごう〔‐ガウ〕【×諡号】

貴人・僧侶などに、その死後、生前の行いを尊んで贈る名。贈り名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の諡号の言及

【諡】より

…別に私諡,僧諡などがある。字(あざな)諱(いみな)【勝村 哲也】
[日本]
 諡号(しごう)ともいう。7世紀の後半に至って日本でも採用され,諡を贈ることは天皇の大権の一つとされた。…

※「諡号」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

諡号の関連情報