コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文康 ぶんこうWen-kang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

文康
ぶんこう
Wen-kang

中国,清の作家。文康は名で,姓は費莫。字,鉄仙。満州貴族の一門科挙には合格せず,財力地位を買い,地方の郡守などをつとめ,父の喪にあって家に帰り,のち駐チベット大臣に起用されたが病のために家で没した。同治年間 (1862~74) に生存していたと思われる。燕北 閒人の筆名で清代侠義小説の代表作児女英雄伝』を著わした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

文康 ぶんこう

?-? 江戸時代後期の浮世絵師。
寛政-文化(1789-1818)ごろの人。一筆斎文調の門人。通称は安五郎。文康安ともよばれた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の文康の言及

【児女英雄伝】より

…全40回。作者は満人の文康。道光年間(1821‐50)の作。…

※「文康」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

文康の関連キーワードローソン(John Howard Lawson)ハルトマン(Nicolai Hartmann)ミラー(Arthur Miller)ヤング(Stark Young)ボイル(Kay Boyle)セールスマンの死シャーウッドプロコーシュ中国音楽十部伎柳文康

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

文康の関連情報