コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徒徒し アダアダシ

デジタル大辞泉の解説

あだあだ・し【徒し】

[形シク]
誠実でない。無責任だ。
「人の、ふみを―・しく散らすと聞きて」〈風雅・恋三・詞書〉
浮気だ。好色がましい。
「たはぶれに―・しき御心なし」〈栄花・さまざまの喜び〉
内容が空虚で、いいかげんである。
「扨(さて)も仏の教へは、―・しき事のみぞかし」〈読・春雨二世の縁〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あだあだし【徒徒し】

( 形シク )
不誠実である。誠がない。 「露ばかり-・しう、後めたき心にも侍らず/浜松中納言 3
浮気っぽい。移り気だ。 「たはぶれに-・しき御心なし/栄花 様々の悦

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android