コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二世 にせい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

二世
にせい

外国で生まれた日本人移住者(→移民)の子供で,移住先の国の市民権を有する者。現地で教育を受けその国の文化に完全にとけ込んだ者から,一世を通して日本文化の影響を強く受けた者まで変化に富む。たとえばアメリカ合衆国のハワイ在住の二はハワイ文化の影響を受け特異的である。遺伝的には日本人と同質であるが,栄養生活様式などの環境因子が異なるために日本人とやや異なった形質を示すことがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

に‐せ【二世】

現世と来世今生(こんじょう)と後生(ごしょう)。この世とあの世

に‐せい【二世】

同じ名をもって国王・皇帝・教皇などの地位を継いだ2代目。「エカテリーナ二世
芸能・芸術などで、その名跡を継いだ2代目であること。また広く、親の職業などを受け継いだ人。「二世市川猿之助」「二世議員」
親の跡を継ぐ男子。息子。「二世が誕生する」
移民の子で、外国で生まれ、その国の市民権をもつ人。「日系二世

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

二世

現世、来世

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

大辞林 第三版の解説

にせ【二世】

現世と来世。この世とあの世。 「 -の契り」

にせい【二世】

外国で生まれた日本人の子で、外国籍をもつ者。
同じ名前をもち、第二番目に位についた国王・皇帝・教皇など。 「エリザベス-」
二代目。
俗に、息子。 「 -誕生」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

二世の関連キーワードアレクサンドライトジャック・ケッチ常磐井尭熙上人初代渓藤舎海丸シロー カシワ二世の語らい啓蒙専制君主豊竹山城少掾玉川勝太郎親子は一世仁田井碓嶺カイゼル髭稀音家浄観主従は三世一世の源氏雄誉霊巌福王盛義凍える口万掛け帳浅見左逸

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

二世の関連情報