コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徒然草文段抄 ツレヅレグサモンダンショウ

デジタル大辞泉の解説

つれづれぐさもんだんしょう〔つれづれぐさモンダンセウ〕【徒然草文段抄】

江戸前期の注釈書。7巻。北村季吟著。寛文7年(1667)刊。徒然草を244段に分け、注釈の旧説を取捨してのせ、自説を加えたもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

つれづれぐさもんだんしょう【徒然草文段抄】

注釈書。七巻。北村季吟著。1667年刊。「徒然草」を師松永貞徳の説に従い二四四段に分段し、さらに小節に分けて注釈を施す。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

徒然草文段抄の関連キーワード小節分段

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android