コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徒然草文段抄(読み)ツレヅレグサモンダンショウ

デジタル大辞泉の解説

つれづれぐさもんだんしょう〔つれづれぐさモンダンセウ〕【徒然草文段抄】

江戸前期の注釈書。7巻。北村季吟著。寛文7年(1667)刊。徒然草を244段に分け、注釈の旧説を取捨してのせ、自説を加えたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

つれづれぐさもんだんしょう【徒然草文段抄】

注釈書。七巻。北村季吟著。1667年刊。「徒然草」を師松永貞徳の説に従い二四四段に分段し、さらに小節に分けて注釈を施す。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android