コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北村季吟 きたむら きぎん

9件 の用語解説(北村季吟の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

北村季吟

江戸前期・中期の国学者・俳人。近江の人。通称は久助、号は七松子・拾穂軒・湖月亭等。俳諧を松永貞徳に、歌学を飛鳥井雅章等に学ぶ。烏丸光広に推され幕府に仕官し、長男湖春とともに歌学方となる。法印に叙せられた。宝永2年(1705)歿、82才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きたむら‐きぎん【北村季吟】

[1624~1705]江戸前期の歌人・俳人・古典学者。近江の人。通称、久助。号、拾穂軒。飛鳥井雅章(あすかいまさあき)に歌学を、松永貞徳に俳諧を学び、のちに幕府に仕えた。著「徒然草文段抄」「源氏物語湖月抄」「枕草子春曙抄」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

北村季吟【きたむらきぎん】

江戸前期の歌学者,俳人。名は久助。別号拾穂軒,湖月亭等。山城国粟田口の生れ。医師であり,連歌をよくした祖父,父の流れをうけ,医学修業のかたわら,貞室,貞徳に俳諧を学ぶ。
→関連項目鬼貫歳時記貞門枕草子柳沢吉保山岡元隣

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北村季吟 きたむら-きぎん

1625*-1705 江戸時代前期の俳人,歌人,国学者。
寛永元年12月11日京都で生まれる。安原貞室,松永貞徳に師事し,俳諧(はいかい)宗匠としてたつ。また古典研究に力をそそぎ,「源氏物語湖月抄」をはじめとする注釈書を多数刊行。元禄(げんろく)2年長男の湖春とともに幕府の歌学方(かがくかた)となり,12年再昌院の号と法印の称号をうけた。宝永2年6月15日死去。82歳。名は静厚。通称は久助。別号に慮庵,拾穂軒,湖月亭など。編著に「新続犬筑波集」など。
【格言など】花も見つほととぎすをも待ち出でつこの世後の世思ふことなき(辞世)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

北村季吟

没年:宝永2.6.15(1705.8.4)
生年:寛永1.12.11(1625.1.19)
江戸前期の俳人,歌人,和学者。名静厚。通称久助。慮庵,七松子,拾穂軒,湖月亭などと号した。祖父宗竜,父宗円とも近江野洲郡北村(滋賀県野洲町)の医師であり,連歌をよくした。季吟は父の修業先の京都で出生したとされる。医業を学ぶかたわら早くから俳諧に関心を持ち,寛永16(1639)年に安原貞室に入門した。やがて貞室の師松永貞徳の直門となる。季吟の古典注釈の素養は貞徳の指導により学問として結実をみることになる。 貞徳の没後,かつての師であった貞室とは疎隔を生じたが,その理由ははっきりしない。俳人および古典研究者としての活躍の場は広がる一方で,京のあらゆる階層の人々に古典を講釈し,俳諧を指導した。業績は次第に古典注釈の方に偏りをみせるようになり,講釈がそのまま注釈書として刊行された。『大和物語抄』『土佐日記抄』『伊勢物語拾穂抄』『徒然草文段抄』『源氏物語湖月抄』『枕草子春曙抄』『八代集抄』『百人一首拾穂抄』など,その注釈は主な古典の大半に施されたといってよい。諸説を手際よく整理して穏当な見解に落ちつくのが特徴で,『八代集抄』は近年までほとんど唯一の八代集全注として価値を有した。新玉津島社の神官となる天和年間(1681~84)には俳業をほとんど廃して古典注釈に没頭,元禄2(1689)年には,子息の湖春と共に幕府歌学方に召され,江戸に下る。以後北村家は代々歌学方を襲い,幕臣の文化圏の一中心となる。湖春に先立たれる(1697)などの不幸もあったが,功成り名遂げた満足感の中に一生を終えた。俳人としては貞門の有力者のひとりだが,その指導力には限界があり,強烈な個性で門人を引っ張るようなところはなかった。和歌では『季吟子和歌』があるが,本領はあくまで古典注釈にあった。ほかにも著述は極めて多い。<参考文献>野村貴次『北村季吟の人と仕事』,『北村季吟古註釈集成』

(久保田啓一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

きたむらきぎん【北村季吟】

1624‐1705(寛永1‐宝永2)
江戸前期の歌学者,俳人。名は静厚(しずあつ)。通称は久助。別号は蘆庵(呂庵),七松子,拾穂軒(しゆうすいけん),湖月亭。山城国粟田口の生れ。祖父宗竜・父宗円が連歌をよくした影響で,早くから文事に親しみ,16歳で貞室,22歳で貞徳に入門。1648年処女作《山之井(やまのい)》を刊行し,重頼と抗争中の貞室を助けて俳壇に名を挙げ,53年には《紅梅千句》の大興行に参加,跋文も書いた。貞徳没後は飛鳥井雅章(まさあきら)・清水谷実業(さねなり)に和歌・歌学を学び,歌道に明るくなると,貞室の無知がうとましく不和となり,56年《誹諧合(はいかいあわせ)》を出して独立を宣言,以後は撰集《新続犬筑波(いぬつくば)集》(1660),俳論書《埋木(うもれぎ)》(1673),句合書《六百番誹諧発句合(ほつくあわせ)》(1677)等を続々と著し,俳壇に不動の地位を築いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きたむらきぎん【北村季吟】

1624~1705) 江戸前期の俳人・歌人・和学者。近江生まれ。名は静厚。号、湖月亭など。幕府歌学方。松永貞徳に俳諧・和学・和歌を学ぶ。和漢の学に精通、多くの古典の注釈書を著す。門下に松尾芭蕉らがいる。著「徒然草文段抄」「源氏物語湖月抄」「枕草子春曙抄」「八代集抄」「山の井」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北村季吟
きたむらきぎん

[生]寛永1(1624).12.11. 近江
[没]宝永2(1705).6.15. 江戸
江戸時代前期~中期の古典学者,歌人,俳人。幼名,久助。号,七松子,拾穂軒,湖月亭など。父は医者で連歌の宗匠。父の教えを受け,19歳の頃,松永貞徳に師事,古典,和歌,俳諧を学び,のち飛鳥井雅章,清水谷実業らに歌学を学んだ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北村季吟
きたむらきぎん
(1624―1705)

江戸前期の国学者、俳人、歌人。通称久助。別号は芦庵(ろあん)、拾穂軒(しゅうすいけん)、湖月亭など。近江(おうみ)国(滋賀県)野洲(やす)郡(現、野洲市)の人で、医師北村宗円の長男として寛永(かんえい)元年12月11日に生まれる。若くして上京し、初め俳諧(はいかい)を安原貞室(やすはらていしつ)(1610―1673)に師事し、ついで貞室の師松永貞徳(まつながていとく)に従って、広く古典を学んだ。24歳のとき季寄(きよせ)『山之井(やまのい)』を刊行し、ついで『師走(しわす)の月夜』などを刊行。貞徳没後は俳諧宗匠として独立し、積極的に俳諧活動を行い、『祇園(ぎおん)奉納連歌誹諧合(はいかいあわせ)』『新続犬筑波集(しんぞくいぬつくばしゅう)』(1660序)等の句合や撰集(せんじゅう)を出し、また古典の注釈にも力を注ぎ、『大和(やまと)物語抄』(1653)『土佐日記抄』(1661)『伊勢(いせ)物語拾穂抄』(1680)などを完成させている。1683年(天和3)には京都新玉津島神社の社司となったが、1689年(元禄2)66歳のときに将軍家の歌学方として、長男の湖春(1648―1697)とともに召され、江戸に居住した。1699年には法印に叙せられ、再昌院(さいしょういん)の号を受け、栄達の極みに達した。季吟は芭蕉(ばしょう)の師とされるが、それは若年の一時期で、以後二人の交流はみられない。季吟の編著は『季吟十会集(じっかいしゅう)』(1672)『続連珠(ぞくれんじゅ)』(1676)『誹諧埋木(うもれぎ)』(1673)などの俳諧関係、大部な『源氏物語湖月抄』(1673成立)『枕草子春曙抄(まくらのそうししゅんしょしょう)』(1674成立)『八代集抄』(1682)などの注釈書、その他歌集などがある。宝永(ほうえい)2年6月15日没。[雲英末雄]
 一僕(いちぼく)とぼくぼくありく花見かな
『野村貴次著『北村季吟の人と仕事』(1977・新典社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の北村季吟の言及

【埋木】より

…俳諧論書。北村季吟著。1655年(明暦1)成立,73年(延宝1)刊。…

【仮名列女伝】より

…8巻。中国宋代の劉向の《列女伝》を北村季吟が翻訳したもので,124話の中国の賢女貞女の逸話を載せる。ただし妲己(だつき)や褒似(ほうじ)のごとき悪女の例も載せている。…

【源氏物語湖月抄】より

…注釈書。著者は北村季吟。60巻60冊。…

【古今和歌集】より

…内容は必ずしも高くないが,朗詠の譜や歌会の故実などまで広く含み,戦後乱世を通じて学芸の保持,伝達に果たした役割は大きい。中世の研究は北村季吟《八代集抄》(1679‐81成立)に総括され,近世の研究に基礎を提供した。契沖の《古今余材抄》(1692成立)は近世的な科学的研究を開始した重要な研究であり,本居宣長《古今和歌集遠鏡(とおかがみ)》(1794成立)は最初の口語訳である。…

【山之井】より

…俳諧季寄せ。北村季吟著。1647年(正保4)成立,翌年刊。…

※「北村季吟」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

北村季吟の関連キーワード浅井正村浅見左逸阿形但秀尼坂好道半井和年藤波氏守池田宗旦智月尼和学者河合曽良

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

北村季吟の関連情報