従兄弟同士(読み)いとこどうし

精選版 日本国語大辞典の解説

いとこ‐どうし【従兄弟同士】

〘名〙 互いに、いとこであること。また、その間柄。いとこずから。いとこどし。いとこどち。
※俳諧・犬筑波集(1532頃)春「はなよめごぜもよそのひとかは 青柳のいとことうしがちぎりして」

いとこ‐どし【従兄弟同士】

史記抄(1477)一五「黯姑姉いとことしの様なものぞ」

いとこ‐どち【従兄弟同士】

※宇津保(970‐999頃)楼上下「かの御方侍従の君、対の御方の少将の君とはいとこどちなれば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

統合型リゾート(IR)

Integrated Resortの略で、カジノや劇場、ホテルなどが一体となった施設。国会の超党派議員が提出したカジノ解禁法案はIRの整備を後押しする基本法案で、2014年に趣旨説明と質疑が行われたも...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android