従業員持ち株制度

ビジネス用語集の解説

従業員持ち株制度

従業員持ち株制度とは、会社の従業員が持ち株会を設立し、
給与や賞与(ボーナス)から一定の株式を購入する仕組みをいいます。

従業員持ち株制度は、会社が従業員の財産形成を支援する
1つの取り組みでもあり、従業員が株式を保有することによって、
会社としての一体感を生み出すという施策の1つでもあります。

出典 転職.jpビジネス用語集について 情報

株式公開用語辞典の解説

従業員持ち株制度

企業が従業員の報酬制度として導入する企業の拠出(損金扱い)による従業員への税制優遇自社株配分制度のこと。原則全員対象、退職まで引出不可の確定拠出型退職給付制度である。これは米国における制度で、現在、日本では導入されていない。ちなみに、日本では、従業員持株会が存在する。これは企業が従業員の福利厚生の一環として導入・支援する、従業員の給与天引き(税引後)による自社株購入制度で、任意加入、株式の引出し売却が可能な自助努力型資産形成制度である。

出典 株式公開支援専門会社(株)イーコンサルタント株式公開用語辞典について 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

従業員持ち株制度の関連情報