コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御与津御寮人 およつごりょうにん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

御与津御寮人 およつごりょうにん

?-1639* 江戸時代前期の女官。
四辻公遠(きみとお)の娘。はじめ綾小路(あやのこうじ)と称して新上東門院(藤原晴子)につかえる。のち後水尾天皇の典侍(てんじ)となり,第1皇子(賀茂宮),第1皇女(文智(ぶんち)女王)を生んだ。寛永15年12月6日死去。名は与津子。通称は別に大納言典侍,一条局。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

御与津御寮人

没年:寛永15.12.6(1639.1.9)
生年:生年不詳
江戸前期の典侍。権大納言四辻公遠の娘。はじめ新上東門院に仕え綾小路と称し,のち後水尾天皇に仕え第1皇子(夭折),第1皇女(文智女王)を儲ける。しかし,徳川秀忠の娘和子(東福門院)入内(1620)をはかる江戸幕府の圧力により,天皇から遠ざけられ,やがて落飾して明鏡院と号した。墓は四辻家菩提寺の京都興聖寺および円照寺にある。<参考文献>熊倉功夫『後水尾院』

(久保貴子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

御与津御寮人の関連キーワード四辻与津子

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android