コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御仕置裁許帳 おしおきさいきょちょう

1件 の用語解説(御仕置裁許帳の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

おしおきさいきょちょう【御仕置裁許帳】

江戸幕府の刑事判例集。江戸幕府は当初法典や判例集は裁判官の自由な判断を拘束するものとして,作成しない方針であった。しかし判例の集積,司法の整備が進むにつれて,裁判関係者は判断についての一定の標準を求めるようになった。寛文期(1661‐73)になると裁判記録が保存,整理されることとなり,元禄期(1688‐1704)以後各種の判例集が編集された。《御仕置裁許帳》はこの種のもののうち最大かつ比較的よく編成されており,《公事方御定書》制定(1742)以前の幕府刑政を見る重要な記録である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

御仕置裁許帳の関連キーワード御蔵御仕置例類集吟味筋小姓堺奉行上知令新律綱領御殿番武具奉行連歌始め

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone