御先烏(読み)ミサキガラス

  • ▽御先×烏

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 神霊の使わしめとしての烏。山の神の使わしめという。また、墓前の供物に群がるところから邪霊の代表のようにもいわれる。
※読本・昔話稲妻表紙(1806)四「これまで手向たまはりし飯菜も、みさき烏(カラス)にさまたげられ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

三密

仏教用語。主として密教でいわれ,身密,口密,意密の総称。仏の身体と言葉と心によって行われる3つの行為は,不思議であることから三密と称される。また衆生の身体と言葉と心によって行われる3つの行為も,その隠...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android