手向(読み)とうげ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

手向
とうげ

山形県西部,鶴岡市北東部の旧村域。羽黒山のふもとにある。 1889年村制施行。 1955年泉村,広瀬村と合体し羽黒町に,2005年鶴岡市はじめ6市町村と合体し鶴岡市となった。鉤形に曲がった街村で,かつては出羽三山登拝の行者のための宿坊が 300を数えた。宝前院は最上義光の寄進になり,1500石の朱印地を所持した。源頼朝が奥州征伐の祈願に建立したと伝えられる羽黒山正善院黄金堂 (国指定重要文化財) がある。最上義光が改築した羽黒山五重塔は国宝に指定されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

手向
とうげ

山形県西部、鶴岡(つるおか)市羽黒(はぐろ)町の一地区。旧手向村で、1955年(昭和30)東田川郡羽黒町となり、2005年(平成17)に鶴岡市と合併。羽黒山の西麓(せいろく)に位置する。羽黒山や月山(がっさん)を遙拝(ようはい)する(手向(たむ)ける)ことに由来する地名。古くから羽黒山の登拝口として門前集落が発達、いまも40近い宿坊が軒を連ねる。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の手向の言及

【羽黒[町]】より

月山山頂から北に町域がのび,藤島川沿いに緩傾斜地が続き,北西部は庄内平野の一角を占める。羽黒山西麓の手向(とうげ)は,宿坊などのある門前町で,出羽三山登拝の基地となっている。平野部では稲作が行われ,山麓では国営パイロット事業による庄内柿などの樹園地や畑地が広がる。…

【羽黒山】より

…羽黒山全域に及ぶ広大な社地内には,五重塔,鐘楼,霊祭殿,斎館などがあり,神仏習合時代のなごりをとどめる。山麓にある門前町手向(とうげ)から山頂までの約1.7kmは2446段の石段の参道で,両側には樹齢300~500年の杉並木(特天)が続いている。山頂へは手向から有料道路が通じる。…

※「手向」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

手向の関連情報