コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御床遺跡 みとこいせき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

御床遺跡
みとこいせき

福岡県糸島市北西部にある弥生時代の遺跡。海岸の砂丘上に位置する。大正年間,中山平次郎がここから出土した王莽時代の貨泉を根拠として,弥生時代の年代を紀元前後とした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android