コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中山平次郎 なかやまへいじろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中山平次郎
なかやまへいじろう

[生]明治4(1871).6. 京都
[没]1956.4.29. 福岡
病理学者,考古学研究家。東京帝国大学の医科を卒業し,九州大学医学部の前身である福岡医科大学の教授として病理学を担当,かたわら北九州の遺跡遺物の研究を通じて弥生文化の実態をきわめた。青銅器から遺跡の相対年代を算出,弥生時代に稲作農耕を基礎に社会が構成され,青銅器や磨製石器が使われ,中国から前漢鏡王莽貨泉が輸入されたことを明らかにし,また中国との交流についての緻密な研究を行なった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中山平次郎 なかやま-へいじろう

1871-1956 明治-昭和時代の病理学者,考古学者。
明治4年6月3日生まれ。39年京都帝大福岡医科大学(現九大)教授となる。考古学に関心をもち,「漢委奴(かんのわのなの)国王金印など北九州弥生(やよい)文化についておおくの論文をかいた。昭和31年4月29日死去。84歳。静岡県出身。東京帝大卒。著作に「博多の考古学的研究」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

なかやまへいじろう【中山平次郎】

1871‐1956(明治4‐昭和31)
考古学者。静岡県生れ。1900年,東京帝国大学医科大学を卒業,助手となる。02‐06年に主としてドイツに留学し,06年京都帝国大学福岡医科大学(後の九州帝国大学医学部)の病理学の教授となる。考古学に関心をもち,おもに《考古学雑誌》に寄稿する。銅剣銅矛をはじめ,〈漢倭奴国王〉金印など弥生時代の研究を重点とし,九州の古瓦,古陶磁にも論究がある。退官後も研究を続け,《博多の考古学的研究》は50年に西日本文化賞を受けた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

中山平次郎の関連キーワード御床松原遺跡原田 大六立屋敷遺跡元寇防塁昭和時代病理学者石蓋土壙原田大六御床遺跡青銅器石築地鉄剣

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android