御烏祭(読み)おからすまつり

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 愛知県の熱田神宮で、二月初めの未(ひつじ)の日と一一月初めの辰(たつ)の日に行なう神事。神事を行なう七日前から御饌所(ごせんじょ)で一つがいの烏を飼っておき、当日に神前で祝座長ほか一名が平餠を持って烏を呼び、その餠を食わせ、放してやる。烏食いの神事。《季・春》
※俳諧・熱田宮雀(1677)上「鵜かうかとみればおからす祭哉〈保治〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android