コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御衣木加持 みそぎかじ

百科事典マイペディアの解説

御衣木加持【みそぎかじ】

仏像を造顕するための用材(御衣木)を刻み出す前に,穢(けがれ)を除き,霊性をもたせるために行う加持の式。御衣木の前に香華を供え,御衣木・刀・斧(おの)に聖水を注ぎ,像の胸部に本仏の種子(梵(ぼん)字)を書き,真言を誦する。
→関連項目仏画密教美術

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android