コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御諸/三諸 ミモロ

デジタル大辞泉の解説

み‐もろ【諸/三諸】

神の降臨する場所。みむろ
「木綿(ゆふ)かけて祭る―の神さびて斎(いは)ふにはあらず人目多みこそ」〈・一三七七〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みもろ【御諸】

〔「もろ」は「もり」と同じく神の降下してくる場所の意〕
神をまつる樹木。鏡や木綿ゆうをかけて神をまつる神座。 「我がやどに-を立てて枕辺に斉瓮いわいべをすゑ/万葉集 420

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

御諸/三諸の関連キーワード豊城入彦命阿良都命背き背き大神神社大物主神景行天皇三輪山ヘビ神座築く御室見す踏む神主

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android