復唱(読み)ふくしょう

精選版 日本国語大辞典「復唱」の解説

ふく‐しょう ‥シャウ【復唱・復誦ショウ

〘名〙
① 繰り返してとなえること。さらいよむこと。
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉五「れ再三誦し」
② 伝えられた命令などを確認のために繰り返して言うこと。
※初年兵江木の(1920)〈細田民樹〉一「『はい、藁ぎれは取って置きます。』彼はかう復称して」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「復唱」の解説

ふく‐しょう〔‐シヤウ|‐シヨウ〕【復唱/復×誦】

[名](スル)
何度えること。繰り返して読むこと。「―して記憶する」
確認のために、言われたことを繰り返して言うこと。「伝言を―する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

プラスチックワード

意味のあいまいなままに、いかにも新しい内容を伝えているかのように思わせる言葉。プラスチックのように自由に組み合わせ、さまざまな分野で手軽に使える語をさす。ドイツの言語学者ベルクゼンが提唱。「国際化」「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android