コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

復興特別法人税 フッコウトクベツホウジンゼイ

デジタル大辞泉の解説

ふっこう‐とくべつほうじんぜい〔フクコウトクベツハウジンゼイ〕【復興特別法人税】

東日本大震災からの復興に必要な財源を確保する目的で創設された復興特別税の一つ。税額は法人税額の10パーセント。平成24年度(2012)から3年間実施する予定だったが、平成25年度(2013)末で打ち切られる。企業の税負担を軽減し、賃金の上昇や雇用の拡大を図るのがねらいとされる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

復興特別法人税の関連キーワード復興財源確保法復興特別所得税税制改正大綱電子納税

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android