コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

微分積分学の基本定理 びぶんせきぶんがくのきほんていりfundamental theorem of differential and integral calculus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

微分積分学の基本定理
びぶんせきぶんがくのきほんていり
fundamental theorem of differential and integral calculus

x の関数 f(x) が区間 [ab] で積分可能であれば,区間 [ab] に属する任意の x に対して
は,x の連続関数である。さらに,f(x) が連続な点においては,上の F(x) で微分可能であって,
である。これは,微分という演算積分という演算が互いに逆の演算であることを示している。この事実を微分積分学の基本定理という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

微分積分学の基本定理の関連キーワードベクトル解析原始関数連続関数実関数論区間

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android