コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

連続関数 レンゾクカンスウ

3件 の用語解説(連続関数の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

れんぞく‐かんすう〔‐クワンスウ〕【連続関数】

定義域のすべての点で連続している関数。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

れんぞくかんすう【連続関数 continuous function】

現代の数学では,関数を写像の意味に用いるので,その場合は連続関数連続写像同義語になるが,本項目では実数の集合のうえで定義された実数値関数について述べる。 実数の集合Eで定義された実数値関数yf(x)があるとする。Eとしては区間またはいくつかの区間の合併などを考える。aEに属する点(実数)とし,点xEの中から点aに近づくならば関数f(x)の値がf(a)に近づくとき,すなわち,が成り立つとき,関数fは点aにおいて(またはxaにおいて)連続であるという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

れんぞくかんすう【連続関数】

〘数〙 いたるところで連続な関数。グラフ上では常につながっていて切れ目のない曲線といえる。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone