コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

連続関数 レンゾクカンスウ

デジタル大辞泉の解説

れんぞく‐かんすう〔‐クワンスウ〕【連続関数】

定義域のすべての点で連続している関数

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

れんぞくかんすう【連続関数 continuous function】

現代の数学では,関数を写像の意味に用いるので,その場合は連続関数は連続写像同義語になるが,本項目では実数の集合のうえで定義された実数値関数について述べる。 実数の集合Eで定義された実数値関数yf(x)があるとする。Eとしては区間またはいくつかの区間の合併などを考える。aEに属する点(実数)とし,点xEの中から点aに近づくならば関数f(x)の値がf(a)に近づくとき,すなわち,が成り立つとき,関数fは点aにおいて(またはxaにおいて)連続であるという。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

れんぞくかんすう【連続関数】

〘数〙 いたるところで連続な関数。グラフ上では常につながっていて切れ目のない曲線といえる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

連続関数の関連キーワードワイアシュトラースの多項式近似定理積分に関する第一平均値の法則ワイエルシュトラスの近似定理ヴァイエルシュトラスの定理微分積分学の基本定理ワイアシュトラースレトガースの法則ウリゾーンの定理スティルチェスラプラス方程式なめらかな曲面なめらかな曲線コンパクト集合中間値の定理リーマン積分バナッハ空間チェビシェフルベーグ積分螺旋(螺線)フレドホルム

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android