コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

微博 うぇいぼー weibo

3件 の用語解説(微博の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

微博

中国のソーシャルメディアミニブログや中国版Twitterとも言われる。「微」は「マイクロ」を意味し、「博」は中国語で「ブログ」を意味する「博客」の先頭文字をとっている。中国では、Twitter、FacebookYouTubeといった海外のソーシャルメディアが政府によって規制されている代わりに、国内企業による類似のサービスが展開されている。代表的な微博は、中国ポータルサイト最大手「新浪(sina.com)」を運営する新浪公司の「新浪微博(weibo.com)」と、国内有数のIT企業である騰訊公司の「騰訊微博」など。共に2億人以上のユーザー数を誇る。
中国国内でのスマートフォンや携帯電話の普及に伴い、微博のユーザー数は急激に増加しているが、特に最近では、高速鉄道地下鉄度重なる列車追突事故で、居合わせた乗客が現場の様子を写真入りで微博に投稿したことにより、改めてその存在感を示している。
情報が規制される中国において、微博は、国民同士が高速にリアルで、かつ気軽に情報を共有できるサービスであり、中国政府は警戒を強めている。実際に、治安当局が、微博に投稿された民主化活動に関する書き込みを削除するなど、統制を強化している。それに対し、微博運営側の企業は、真っ向対立して閉鎖されるよりも、当局の意向にできる限り沿って、少しでも表現の自由の機会を提供することが得策と考えているようだ。

(横田一輝  ICTディレクター / 2011年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ウェイボー【微博】

Weibo簡易ブログの一。中国の新浪公司が運営。政府の規制によって海外のソーシャルメディアが進出できない中、2009年にサービス開始。中国版ツイッターともよばれる。新浪(シンラン)微博。シナウェイボー

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

微博
うぇいぼー

中国におけるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の総称。マイクロブログを意味する用語で、ツイッターやフェイスブックなどと似た機能をもつのが特徴である。中国ではインターネット上で展開される国外メディアの使用を政府が規制しており、同様なサービスは国内企業が運営するものが普及している。微博をはじめとする各事業者は、政府の監視のもと、書き込みやアカウントの削除要請などを頻繁に受けつつも、表現の自由とバランスをとりながらサービスの拡大を図っている。
 代表的な微博は2009年にサービスを開始した新浪微博(シナウェイボー)(新浪公司が運営)で、ビジネス利用も多い。人民日報は、新浪微博登録アカウント数が2013年12月時点で13億を超えたと報じた。これと騰訊微博(テンセントウェイボー)(騰訊公司が運営)が、微博における二大勢力となっている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

微博の関連キーワードミニブログソーシャルメディアソーシャルメディア・ハラスメントソーシャルギフトサービスソーシャルウエアソーシャルコマースメディカルソーシャルワーカーリアルメディアソーシャルボタン

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

微博の関連情報