コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

微小電極法 びしょうでんきょくほう microelectrode method

1件 の用語解説(微小電極法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

微小電極法
びしょうでんきょくほう
microelectrode method

細胞内電極法ともいう。1個の筋肉細胞神経細胞の細胞内電位を電気生理学的に調べるために考案された方法。直径 1mm 程度のガラス管に熱を加えて引き,先端直径 0.5μ mまたはそれ以下のガラスピペットをつくり,その内部に 3mol塩化カリウムなどの溶液を満たす。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の微小電極法の言及

【感覚】より

…この現象は継時または時間対比successive or temporal contrastといわれる。
[感覚系ニューロンの受容野]
 微小電極を感覚系のいろいろな部位に刺入して,ニューロンの活動を記録するという方法(微小電極法)の導入により,神経系が感覚情報を符号化(コード化)する機構についての研究がひじょうに進歩した。研究成果のなかで最も重要な発見は受容野ということである。…

※「微小電極法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

微小電極法の関連キーワード原核細胞筋細胞筋肉細胞細胞系細胞内液細胞内凍結サテライト細胞小グリア細胞側底膜胚細胞

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone