逆転(読み)ぎゃくてん

精選版 日本国語大辞典「逆転」の解説

ぎゃく‐てん【逆転】

〘名〙
① ある方向に向いていたものが反対の方向に回転すること。
※蛙(1938)〈草野心平〉祈りの歌「青い顔が東の空から流れてくる。その頸は横転逆転し」
② 進行方向がいままでと反対になること。
※江戸から東京へ(1921)〈矢田挿雲〉六上「夜をこめて暴れ廻った火は、翌三十日風位の一変と共に逆転(ギャクテン)して」
③ 状況や事のなりゆきなどが今までと反対の方向に向かうこと。
※明暗(1916)〈夏目漱石〉一三八「急に清子の方へ話しが逆転(ギャクテン)して来た」
④ 飛行機が宙返りをすること。〔新らしい言葉の字引(1918)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「逆転」の解説

ぎゃく‐てん【逆転】

[名](スル)
それまでとは反対の方向に回転すること。逆回転。「スクリューを逆転させる」
事の成り行きなどがそれまでとは反対になること。「形勢が逆転する」「逆転勝ち」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android