コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

微禄 ビロク

デジタル大辞泉の解説

び‐ろく【微×禄】

[名](スル)
わずかな給与。薄給。「微禄に甘んじる」
おちぶれること。零落。
「見る蔭もなく―して」〈露伴・辻浄瑠璃〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

びろく【微禄】

( 名 ) スル
わずかの俸禄。
おちぶれること。 「妾わたしを-させるまではどんなに仕合せだつたか/罪と罰 魯庵

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

微禄の関連キーワード錄・六・禄・肋・録・陸・鹿・麓小禄・少禄佐久間貞一原市之進ガリレイ鹿持雅澄野中助継桐野利秋向山黄村高橋至時山路愛山木村芥舟勝海舟小禄薄禄俸禄足高士族魯庵

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android