コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 ビ

3件 の用語解説(微の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

び【微】

[名・形動]
ごく小さいこと。非常に細かなこと。また、そのさま。「にわたった説明」
かすかなこと。わずかなこと。また、そのさま。
「わり模様、―ならず細ならず」〈一葉・うもれ木〉
数の単位。1の100万分の1。→位(くらい)[表]

び【微】[漢字項目]

常用漢字] [音](漢) ミ(呉) [訓]かすか
〈ビ〉
細かくて、または奥深くて、はっきり見えない。かすか。「微細微小微妙微生物微粒子隠微機微極微精微顕微鏡
ほんの少し。わずか。「微笑(びしょう)微増微動微熱微風(びふう)微量軽微
目立たずに。ひそかに。「微行
なくなる。衰える。「式微衰微
身分が卑しい。「微賤(びせん)
自分に関することを謙遜していう語。「微意微躯(びく)微衷微力
〈ミ〉かすか。わずか。「微塵(みじん)拈華微笑(ねんげみしょう)
[名のり]いや・なし・まれ・よし
[難読]微風(そよかぜ)微温湯(ぬるゆ)微温湯(ぬるまゆ)微笑(ほほえ)む微睡(まどろみ)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

び【微】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
非常に小さいこと。きわめて細かいこと。また、そのさま。
かすかなこと。わずかであること。弱々しいこと。また、そのさま。 「聖人邪鬼の説遂に-なり/新聞雑誌 56
数の単位。忽こつの10分の1、すなわち100万分の1。 〔塵劫記〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

微の関連キーワード

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

微の関連情報