小禄(読み)おろく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「小禄」の解説

小禄
おろく

沖縄県沖縄島南西部,那覇市南西部,那覇港の南西にある旧村域。旧間切(まぎり。行政区画)名。1908年村制施行。1954年那覇市に編入大部分が軍用地。漫湖沿岸は埋め立てられ住宅地化が進み,中心市街地とは那覇大橋,明治橋などで結ばれているが,マングローブが茂る干潟があり,20科 70種の鳥類が確認されているため,1999年ラムサール条約の登録地として認定され,環境保全がはかられている。旧村域の大嶺地区はほぼ全域が那覇空港用地。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android