コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小禄 おろく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小禄
おろく

沖縄県沖縄島南西部,那覇市の南西部,那覇港の南西にある旧村域。旧間切(まぎり。行政区画)名。1908年村制施行。1954年那覇市に編入。大部分が軍用地。漫湖沿岸は埋め立てられ住宅地化が進み,中心市街地とは那覇大橋,明治橋などで結ばれているが,マングローブが茂る干潟があり,20科 70種の鳥類が確認されているため,1999年ラムサール条約の登録地として認定され,環境保全がはかられている。旧村域の大嶺地区はほぼ全域が那覇空港用地。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しょう‐ろく〔セウ‐〕【小×禄/少×禄】

わずかの禄高微禄。「―の身」⇔大禄

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

小禄の関連キーワード沖縄県宜野湾市嘉数城間 千鶴栽弘義監督那覇[市]那覇(市)玉城俊幸大田 実榊原鍵吉牧志朝忠佐渡奉行重宗芳水川船奉行山中長俊関東小六大田実旗本奴栽弘義若年寄番町春雨

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小禄の関連情報