コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

零落 レイラク

デジタル大辞泉の解説

れい‐らく【零落】

[名](スル)
落ちぶれること。「零落した華族の末裔(まつえい)」
草木の枯れ落ちること。
[補説]書名別項。→零落

れいらく【零落】[書名]

長田幹彦の小説。明治45年(1912)4月、「中央公論」誌に発表。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

れいらく【零落】

( 名 ) スル
おちぶれること。 「 -して今は見る影もない」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

零落の関連キーワードベルリン・アレクサンダー広場成り下がり・成り下りムリッチャカティカーG. マノレスコ尾羽打ち枯らすウスペンスキー紀国屋文左衛門ストリンドベリ霜夜鐘十字辻筮西鶴置土産細川 忠雄宇津保物語落ちぶれる身を落とす村田春海歌比丘尼騎士戦争世に無し炭焼長者業平伝説

零落の関連情報