コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

零落(読み)レイラク

デジタル大辞泉の解説

れい‐らく【零落】

[名](スル)
落ちぶれること。「零落した華族の末裔(まつえい)」
草木の枯れ落ちること。
[補説]書名別項。→零落

れいらく【零落】[書名]

長田幹彦の小説。明治45年(1912)4月、「中央公論」誌に発表。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

れいらく【零落】

( 名 ) スル
おちぶれること。 「 -して今は見る影もない」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

零落の関連情報