コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳亭三孝 とくてい さんこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

徳亭三孝 とくてい-さんこう

?-? 江戸時代後期の狂歌師,戯作(げさく)者。
江戸小石川の米穀商。はじめ鹿都部真顔(しかつべの-まがお)に狂歌をまなび,のち式亭三馬の門弟となる。文化9年(1812)ごろ合巻「書習廓文章(かきならうくるわぶんしょう)」をかいた。ほかに合巻「都鳥吾妻育(みやこどりあづまそだち)」。通称は和泉屋(いずみや)勘右衛門。狂号は桃種成(ももの-たねなり)。別号に一徳斎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

徳亭三孝の関連キーワード狂歌師戯作

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android