コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳亭三孝 とくてい さんこう

1件 の用語解説(徳亭三孝の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

徳亭三孝 とくてい-さんこう

?-? 江戸時代後期の狂歌師,戯作(げさく)者。
江戸小石川の米穀商。はじめ鹿都部真顔(しかつべの-まがお)に狂歌をまなび,のち式亭三馬の門弟となる。文化9年(1812)ごろ合巻「書習廓文章(かきならうくるわぶんしょう)」をかいた。ほかに合巻「都鳥吾妻育(みやこどりあづまそだち)」。通称は和泉屋(いずみや)勘右衛門。狂号は桃種成(ももの-たねなり)。別号に一徳斎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

徳亭三孝の関連キーワード俵船積戯作者紀尾佐丸小金厚丸千鶴庵万亀全亭正直東随舎萩花妻辺仁之无子四方山詠女

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone