鹿都部真顔

百科事典マイペディアの解説

鹿都部真顔【しかつべのまがお】

江戸後期の狂歌師。本名北川嘉兵衛。別号狂歌堂,四方歌垣(よものうたがき),恋川好町。江戸数寄屋橋外で汁粉屋を業とした。四方赤良大田南畝)の門人で,天明狂歌の第2世代,職業的狂歌師の嚆矢(こうし)。俳諧(はいかい)歌を唱え,優美な風調を旨とし,宿屋飯盛と対立した。門人多く,文化文政期の一大勢力をなした。著書に《狂歌数寄屋風呂》などの狂歌集や黄表紙などがある。
→関連項目石川雅望

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鹿都部真顔 しかつべの-まがお

1753-1829 江戸時代中期-後期の狂歌師。
宝暦3年生まれ。江戸数寄屋橋門外で汁粉屋をいとなみ,恋川好町(すきまち)の名で戯作(げさく)をかく。のち四方赤良(よもの-あから)(大田南畝(なんぽ))にまなび,四方真顔の名で狂歌の判者となる。俳諧(はいかい)歌(和歌に接近した狂歌)をとなえ,宿屋飯盛(めしもり)(石川雅望(まさもち))と文化・文政期の狂歌壇を二分した。文政12年6月6日死去。77歳。姓は北川。通称は嘉兵衛。編著に「類題俳諧歌集」など。
【格言など】味(うま)く喰ひ暖かく着て何不足七十ななつ南無阿弥陀仏(辞世)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

鹿都部真顔

没年:文政12.6.6(1829.7.6)
生年:宝暦3(1753)
江戸時代の狂歌作者。通称は北川嘉兵衛。鹿津部真顔とも。紀真顔,狂歌堂,万葉亭,四方歌垣,四方真顔など,多くの別号があり,恋川好町の戯号では洒落本,黄表紙を書いた。江戸数寄屋橋門外で汁粉屋を営む。早くは天明2(1782)年の「三囲社頭狂歌」に狂詠がみえる。翌3年の『万載狂歌集』『狂歌若葉集』にも入集,はじめ,元木網門下で「落栗連」に属していたが,4年ごろ,四方赤良(大田南畝)の「四方側」に入り,さらに同年中に算木有政らと「スキヤ連」を結び,主宰者となった。狂歌評判記『俳優風』(1785年か)では,後年確執を生じた宿屋飯盛(石川雅望)が立役巻頭,真顔は巻軸におかれて称揚されている。同7年ごろには,馬場金埒,頭光,飯盛と共に「狂歌四天王」と称されるにいたった。寛政3(1791)年に冤罪により江戸払いとなった飯盛に対し,真顔は寛政6年に赤良から四方姓を譲られ,四方真顔と号して,以後没するまで狂歌壇の雄たる存在となった。文化5(1808)年ごろより,狂歌は天明振りをよしとする飯盛に対して,真顔は鎌倉・室町期の狂歌こそが本来の姿であるとして,和歌に接近した狂歌=俳諧歌を提唱し,飯盛との間に論争を生じる。 また,真顔は狂歌の点料で生計をたてた最初の人でもあり,化政期には門人は3000人といわれ,その勢力範囲は北は陸奥から南は九州にまでおよんでいた。しかし,性格には尊大なところがあり,文政11(1828)年に京都の縉紳家より宗匠号を贈られてからは水干烏帽子をつけ,堂上的な態度で人に接したと伝えられるが,その俳諧歌は面白味に欠け,一般からは親しまれなかった。晩年は家庭的にも恵まれず,貧窮のうちに没し,万巻の蔵書は散逸した。

(園田豊)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しかつべのまがお【鹿都部真顔】

1753‐1829(宝暦3‐文政12)
江戸後期の狂歌師,黄表紙作者。江戸の人。本名は北川嘉兵衛。別号は狂歌堂,四方歌垣(よものうたがき),俳諧歌場。数寄屋橋外の汁粉屋で,はじめは恋川好町(すきまち)の名で黄表紙作者。狂歌は四方赤良(よものあから)(大田南畝)に師事して判者を譲られ,四方側の領袖となる。狂歌四天王の一人。天明狂歌の第二世代として宿屋飯盛(石川雅望)と双璧をなすが,純粋天明調を首唱する飯盛に対し,狂歌を優美高尚なものにしようとして俳諧歌と呼んだ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しかつべまがお【鹿都部真顔】

1753~1829) 江戸後期の狂歌師・黄表紙作者。本名、北川嘉兵衛。別号、鹿杖山人・狂歌堂・恋川好町など。江戸数寄屋橋外の大家(差配人)の子。戯文を恋川春町、狂歌を大田南畝に学ぶ。作「元利安売鋸商内がんりやすりのこぎりあきない」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鹿都部真顔
しかつべのまがお

[生]宝暦3(1753).江戸
[没]文政12(1829).6.6. 江戸
江戸時代後期の狂歌作者。本名,北川嘉兵衛。別号,狂歌堂,四方歌垣 (よものうたがき) 。戯作名,恋川好町など。江戸,数寄屋橋外で汁粉屋を業とし,恋川春町について黄表紙を著わし,また四方赤良 (よものあから。大田南畝) の門人となって狂歌を学んだ。狂歌四天王の一人と称され,赤良引退後は一方の旗頭として従来の卑俗な落首体を排し,上品で優雅な狂歌を本筋とすべきことを主張,みずからの狂歌を俳諧歌と称した。そのため四天王の一人宿屋飯盛 (石川雅望) と論争したが,赤良の調停で文化 14 (1817) 年に和解。家集『狂歌数寄屋風呂』 (1791) ,『狂歌阿豆麻風流』 (1806) ,『蘆荻集』 (16) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の鹿都部真顔の言及

【狂歌】より

唐衣橘洲(からごろもきつしゆう),四方赤良(よものあから),朱楽菅江(あけらかんこう),元木網(もとのもくあみ),平秩東作(へずつとうさく),智恵内子(ちえのないし)らはその錚々たる者で,豊かな趣味教養と軽妙洒脱な機知とを併せもつ人々である。これに次ぐ江戸狂歌の第二世代として宿屋飯盛,鹿都部真顔(しかつべのまがお),頭光(つぶりひかる),馬場金埒の狂歌四天王があり,なかでも天明調の純正狂歌を主張する飯盛と,優美高尚な狂歌を主張して〈俳諧歌〉と称した真顔は,文政(1818‐30)に至るまで長くライバルとして活躍した。文政以後は芍薬亭長根,文々舎蟹子丸らが活躍した。…

※「鹿都部真顔」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android