コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳富久子 とくとみ ひさこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

徳富久子 とくとみ-ひさこ

1829-1919 幕末-明治時代の女性。
文政12年4月生まれ。肥後熊本藩郷士矢島直明の娘。漢学者徳富一敬(かずたか)と結婚し,徳富蘇峰(そほう),蘆花(ろか)の兄弟を生む。のち東京にうつり,妹の矢島楫子(かじこ)の日本基督(キリスト)教婦人矯風会の仕事をたすけた。姉に熊本女学校長の竹崎順子。大正8年2月18日死去。91歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

徳富久子の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android