徳富久子(読み)とくとみ ひさこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

徳富久子 とくとみ-ひさこ

1829-1919 幕末-明治時代の女性。
文政12年4月生まれ。肥後熊本藩郷士矢島直明の娘。漢学者徳富一敬(かずたか)と結婚し,徳富蘇峰(そほう),蘆花(ろか)の兄弟を生む。のち東京にうつり,妹の矢島楫子(かじこ)の日本基督(キリスト)教婦人矯風会の仕事をたすけた。姉に熊本女学校長の竹崎順子。大正8年2月18日死去。91歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android