徳川権七(読み)とくがわ ごんしち

  • 徳川権七 とくがわ-ごんしち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1856*-1924 明治-大正時代の植林家。
安政2年12月27日生まれ。明治37年佐賀県脊振(せふり)村長となる。国有林約3000haの払い下げをうけ,陣頭にたって植林につとめ,全国有数の村有林をもつ村づくりを推進した。反対農民の騒乱事件がおき大正8年辞任。大正13年11月18日死去。70歳。肥前神埼郡(佐賀県)出身

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android