村長(読み)そんちょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

村長
そんちょう

普通地方公共団体の一つである村の執行機関の。村内の選挙人により直接公選される。一定の欠格条項の該当者を除斥した満 25歳以上の男女が被選挙権をもつ(公職選挙法10,11)。市長,町長と同様,地方自治法2編7章にその地位・権限などに関する詳細な規定がある。原則として任期 4年(140条)。衆議院議員または参議院議員,地方公共団体の議会の議員および職員兼職ができない(141条)。村長は,当該村を統轄,代表し(147条),その職員を指揮監督し(154条),固有の事務を管理,執行する(149条)。なお村長に事故があるとき,または欠けたとき,副村長あるいは臨時代理がその職務を代理する(152条1項,252条の17の8)。村議会は村長に対して不信任決議をなしうるが,これに対して村長は議会解散権をもつ(178条)。また,選挙人は議員に対すると同様に解職請求権(→リコール)をもつ(81条)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

そんちょう【村長】

地方公共団体としての村の長。
むらおさ。 〔日葡〕

むらおさ【村長】

村の長。そんちょう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

そん‐ちょう ‥チャウ【村長】

〘名〙
① 村のかしらだつ者。むらおさ。
※応永本論語抄(1420)公冶長第五「其後村長の家の梁に燕二羽来て巣をくふ」
② 地方公共団体の一つである村の長。村を代表し統轄する機関で、その行政事務を管理執行する。任期は四年、村民の公選で選出される。
※われから(1896)〈樋口一葉〉一〇「先方(むかう)は村長(ソンチャウ)の妹」

むら‐おさ ‥をさ【村長】

〘名〙 村の長老、また、代表者。村の行政の責任者。むらぎみ。
※続日本紀‐天平宝字元年(757)七月戊午「追集諸司并京畿内百姓村長以上

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

村長の関連情報