徳田 一穂(読み)トクダ カズホ

20世紀日本人名事典の解説

徳田 一穂
トクダ カズホ

昭和期の小説家



生年
明治37(1904)年3月20日

没年
昭和56(1981)年7月2日

出生地
東京

学歴〔年〕
慶応義塾大学文学部〔昭和3年〕中退

経歴
徳田秋声の長男。「あらくれ」の編集同人となる。かたわら小説を書き、主な小説に「縛られた女」「女の職業」「取残された町」「花影」「北の旅」「白い姉妹」、随筆集「受難の芸術」などがある。自宅は「徳田秋声旧宅」として都史跡に指定されている。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android