コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

心史 しんし Xīn shǐ

1件 の用語解説(心史の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しんし【心史 Xīn shǐ】

中国,宋末・元初の鄭思肖(1241‐1318)の著。滅亡した宋を思慕する詩文の集で,末尾の〈大義略叙〉は滅亡の経過を微細にしるす。明末に井戸の底から発見され,鉄の函に収めてあったので《鉄函(てつかん)心史》とも呼ばれる。鄭思肖は連江の人,蘇州に住み詩文,書画に名声があり,蘭を描いて土を描かず,裸根蘭と評判になった。土は蛮族に奪われたとの意。《心史》のほかに《鄭所南先生文集》《所南翁一百二十図詩集》各1巻がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

心史の関連キーワード日観玉澗元好問子産十八史略銭選馬致遠牧谿遺民画家曽先之

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

心史の関連情報