コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

心史 しんしXīn shǐ

1件 の用語解説(心史の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しんし【心史 Xīn shǐ】

中国,宋末・元初の鄭思肖(1241‐1318)の著。滅亡した宋を思慕する詩文の集で,末尾の〈大義略叙〉は滅亡の経過を微細にしるす。明末に井戸の底から発見され,鉄の函に収めてあったので《鉄函(てつかん)心史》とも呼ばれる。鄭思肖は連江の人,蘇州に住み詩文,書画に名声があり,蘭を描いて土を描かず,裸根蘭と評判になった。土は蛮族に奪われたとの意。《心史》のほかに《鄭所南先生文集》《所南翁一百二十図詩集》各1巻がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

心史の関連キーワード窩闊台饅頭退耕行勇窩闊台博多祇園山笠サフラ崇福寺ハンザ同盟リーグニツの戦シギショアラ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

心史の関連情報