コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鄭思肖 ていししょうZheng Si-xiao; Chêng Ssǔ-hsiao

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鄭思肖
ていししょう
Zheng Si-xiao; Chêng Ssǔ-hsiao

中国,初の隠士。福州連江 (福建省連江県) の人。字は憶翁,所南。初め大学上舎生となり,博学詞科に応じた。元軍の南宋攻撃の際,上書したが無視された。南宋が滅びると思肖と改名して宋室の趙氏を思う意をこめ,モンゴル語を聞くと耳をふさいで逃げ,また坐臥に北向きを避けるなど終生徹底して元に抗し悲憤し,78歳で死去。著書に江蘇省呉県の承天寺の井戸から発見された『心史』がある。墨蘭画に巧みであった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の鄭思肖の言及

【心史】より

…中国,宋末・元初の鄭思肖(1241‐1318)の著。滅亡した宋を思慕する詩文の集で,末尾の〈大義略叙〉は滅亡の経過を微細にしるす。…

※「鄭思肖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報