コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

心因性発声障害 しんいんせいはっせいしょうがい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

心因性発声障害
しんいんせいはっせいしょうがい

器質的異常がない発声障害のうち精神的原因によって生じたもの。いわゆるヒステリーの心理的なショックからささやき声しか出なくなる心因性失声症 psychogenic aphoniaは,声帯の内転が不十分となったためで,心理療法と発声指導が効果的である。職業で声を使う人に多い音声衰弱症 phonastheniaは,発声するとすぐに疲れる,大きな声が出せないなどの症状で,職業への不適応と考えられている。基礎体力をつけること,発声指導で改善するが,その結果,職場への不満や適性のなさなどが,自覚できるようになる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の心因性発声障害の言及

【声】より

… 声帯に見かけ上まったく異常がなくても,声に変化を起こすことがある。その多くは心理的原因によるもので,心因性発声障害と総称することがある。たとえば,ヒステリーの一症状として,まったく響きのある声が出せず,ささやき声(すなわち声帯の振動しない状態)でしか話せない状態もある。…

※「心因性発声障害」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android