コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

心因性紫斑 しんいんせいしはん

家庭医学館の解説

しんいんせいしはん【心因性紫斑】

 女性の手足やからだに痛みをともなう紫斑(しはん)が現われることがあります。とくに、ひどいけがや手術を経験している人におこりやすいようです。
 原因は、まだわかっていませんが、赤血球膜(せっけっきゅうまく)に対する自己抗体反応(じここうたいはんのう)による説や精神的なストレスなどが誘因となっている説があり、自己赤血球感作症候群(じこせっけっきゅうかんさしょうこうぐん)または心因性紫斑(しんいんせいしはん)と呼ぶことがあります。

出典 小学館家庭医学館について 情報

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android