コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

心因性紫斑 しんいんせいしはん

1件 の用語解説(心因性紫斑の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

しんいんせいしはん【心因性紫斑】

 女性の手足やからだに痛みをともなう紫斑(しはん)が現われることがあります。とくに、ひどいけがや手術を経験している人におこりやすいようです。
 原因は、まだわかっていませんが、赤血球膜(せっけっきゅうまく)に対する自己抗体反応(じここうたいはんのう)による説や精神的なストレスなどが誘因となっている説があり、自己赤血球感作症候群(じこせっけっきゅうかんさしょうこうぐん)または心因性紫斑(しんいんせいしはん)と呼ぶことがあります。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

心因性紫斑の関連キーワード苦しむ肢体紫斑じんとすらだに体に障るゼブラダニオコレラ病先端疼痛

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone