コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

心深し ココロフカシ

デジタル大辞泉の解説

こころ‐ふか・し【心深し】

[形ク]
深く慎重に考えるさま。思慮深い。
「いと―・くありがたき心ゆるびも侍らず」〈宇津保・蔵開下〉
情が深い。人情がこまやかである。
「ただ我になりてみるだに涙とどめがたく、―・く書きつくさせ給ひて」〈夜の寝覚・四〉
物事の情趣のあるさま。風情がある。
「夜を重ね結ぶ氷の下にさへ―・くも宿る月かな」〈千載・冬〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こころふかし【心深し】

( 形ク )
思慮が深い。考えが深い。 ↔ 心浅し 「 - ・しやなどほめ立てられて/源氏 帚木
情趣に富んでいる。 「中にもかはむしの-・きさましたるこそ心にくけれ/堤中納言 虫めづる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

心深しの関連キーワード心浅し細み帚木

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android