風情(読み)フウジョウ

デジタル大辞泉の解説

ふう‐じょう〔‐ジヤウ〕【風情】

ようす。けしき。ふぜい。
古人の―を学ばば」〈玲瓏随筆〉

ふ‐ぜい【風情】

[名]
風流・風雅の趣・味わい。情緒。「風情のある庭」
けはい。ようす。ありさま。「どことなく哀れな風情
能楽で、所作。しぐさ。
身だしなみ。
「人の―とて朝毎に髪結はするも」〈浮・一代男・三〉
[接尾]
人・人名・身分などを表す名詞、また、代名詞に付いて、卑しめる意やへりくだる意を表す。「私風情にはとても理解することができません」
名詞に付いて、…のようなもの、…に似通ったもの、などの意を表す。
「箱―の物にしたため入れて」〈徒然・五四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふうじょう【風情】

ありさま。おもむき。ふぜい。

ふぜい【風情】

[1][0] ( 名 )
風雅な趣。味わいのある感じ。情緒。情趣。 「 -ある眺め」
様子。ありさま。 「寂しげな-」
能楽で、(趣ある)所作・しぐさ。
みだしなみ。 「人の-とて朝毎に髪ゆはするも/浮世草子・一代男 3
( 接尾 )
名詞に付く。
…のようなつまらない者の意を表す。自らを謙遜したり、他を卑しめたりするのに用いる語。 「私-の者には理解できない」 「足軽-に何ができる」
…などのようなもの、…に似通ったものなどの意を表す。 「箱-のものにしたため入れて/徒然 54

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

風情の関連情報