コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

風情 フウジョウ

デジタル大辞泉の解説

ふう‐じょう〔‐ジヤウ〕【風情】

ようす。けしき。ふぜい。
「古人の―を学ばば」〈玲瓏随筆〉

ふ‐ぜい【風情】

[名]
風流・風雅の趣・味わい。情緒。「風情のある庭」
けはい。ようす。ありさま。「どことなく哀れな風情
能楽で、所作。しぐさ。
身だしなみ。
「人の―とて朝毎に髪結はするも」〈浮・一代男・三〉
[接尾]
人・人名・身分などを表す名詞、また、代名詞に付いて、卑しめる意やへりくだる意を表す。「私風情にはとても理解することができません」
名詞に付いて、…のようなもの、…に似通ったもの、などの意を表す。
「箱―の物にしたため入れて」〈徒然・五四〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ふうじょう【風情】

ありさま。おもむき。ふぜい。

ふぜい【風情】

[1][0] ( 名 )
風雅な趣。味わいのある感じ。情緒。情趣。 「 -ある眺め」
様子。ありさま。 「寂しげな-」
能楽で、(趣ある)所作・しぐさ。
みだしなみ。 「人の-とて朝毎に髪ゆはするも/浮世草子・一代男 3
( 接尾 )
名詞に付く。
…のようなつまらない者の意を表す。自らを謙遜したり、他を卑しめたりするのに用いる語。 「私-の者には理解できない」 「足軽-に何ができる」
…などのようなもの、…に似通ったものなどの意を表す。 「箱-のものにしたため入れて/徒然 54

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

風情の関連情報