風情(読み)ふぜい

精選版 日本国語大辞典「風情」の解説

ふ‐ぜい【風情】

[1] 〘名〙
① 風流・風雅の趣や味わい。情趣。情調。また、それを解する心。
※菅家文草(900頃)一・戊子之歳、八月十五日夜陪月台「詩人遇境感何勝、秋気風情一種凝」
※俳諧・芭蕉句選拾遺(1756)僧専吟餞別之詞「此僧常に風情を好み市を避て」
② 事柄の内容の大体の方向。趣。流儀。
平家(13C前)一「似るを友とかやの風情に、忠盛もすいたりければ、彼女房も優なりけり」
③ 様子。けはい。姿。態度。
※太平記(14C後)三八「倒るる処に土を爴む風情(セイ)をしたりけるよとて」
能楽で、所作(しょさ)しぐさのことをいう。
※風姿花伝(1400‐02頃)六「定めて言葉のままにふせいをせば、人体に似合はぬ所あるべし」
⑤ 身の回りを整えること。みだしなみ。
世草子・好色一代男(1682)二「脇あけの下人に風情をつくらるるもあり」
[2] 〘接尾〙
名詞に付いて、…のようなもの、…に似通ったもの、…の類、などの意を添える。
※平家(13C前)一〇「長持三十枝に、葉金(はこがね)染物・巻絹風情の物を入れてたてまつり給ふ」
② 名詞、特に人名代名詞や人を表わす語に付いて、それをいやしめ、または、へりくだる意を添える。
※東寺百合文書‐ほ・正安二年(1300)八月一五日・伊勢大国荘雑掌申状案「かめわう丸風情にてもへ、下させおはしまし候べく候」

ふう‐じょう ‥ジャウ【風情】

〘名〙 ようす。けしき。おもむき。ふぜい
随筆・玲瓏随筆(1859)一「古人の風情(フウジャウ)を学ばば、今人の目に宜しかるべからず」 〔江淹‐王倹為左僕射詔〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「風情」の解説

ふ‐ぜい【風情】

[名]
風流・風雅の趣・味わい。情緒。「風情のある庭」
けはい。ようす。ありさま。「どことなく哀れな風情
能楽で、所作。しぐさ。
身だしなみ。
「人の―とて朝毎に髪結はするも」〈浮・一代男・三〉
[接尾]
人・人名・身分などを表す名詞、また、代名詞に付いて、卑しめる意やへりくだる意を表す。「私風情にはとても理解することができません」
名詞に付いて、…のようなもの、…に似通ったもの、などの意を表す。
「箱―の物にしたため入れて」〈徒然・五四〉
[類語]1)(2気韻風韻幽玄気分興味興趣感興・おもしろみ・味わい内容情趣情調情緒風趣風格余情余韻詩情詩的味わい滋味醍醐味妙味雅味物の哀れポエジーポエティックポエジーポエトリーロマンチックメルヘンチックリリカルセンチメンタルファンタジックファンタスティック幻想的夢幻的神秘的ドリーミー

ふう‐じょう〔‐ジヤウ〕【風情】

ようす。けしき。ふぜい。
「古人の―を学ばば」〈玲瓏随筆〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

七夕

旧暦 7月7日の夜に,天の川(→銀河系)の両岸にある牽牛星(ひこぼし。わし座のα星アルタイル)と織女星(おりひめ。こと座のα星ベガ)が年に一度相会するという伝説に基づいて,星をまつる行事。五節供の一つ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android