心臓反射(読み)しんぞうはんしゃ(英語表記)cardiac reflex

世界大百科事典 第2版の解説

しんぞうはんしゃ【心臓反射 cardiac reflex】

広い意味では,身体の各部の受容器に加えられた刺激や精神状態の変化に応答して,心臓機能が反射性に変動する場合をいう。とくに心臓機能として心拍数の変動をみることが多い。日常生活にみられる心臓反射としては,各種行動時に起こる動脈血圧,静脈環流,血中の酸素や炭酸ガス濃度の変動が血圧受容器や化学受容器を介して心臓交感・迷走神経活動を変化させることによる心拍数の調節がある。その他,体性感覚受容器として痛覚や冷覚刺激に対して反射性に心拍数は抑制される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android