コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

化学受容器 カガクジュヨウキ

デジタル大辞泉の解説

かがく‐じゅようき〔クワガク‐〕【化学受容器】

化学物質の刺激を感受する器官。味受容器・嗅(きゅう)受容器など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

栄養・生化学辞典の解説

化学受容器

 生物化学物質を検知して認識する場合の認識(例えば神経インパルスの発生)などを引き起こすために最初に化学物質が接触する生物側の装置.例としては,味覚レセプター,嗅覚レセプターなどで,これらは現在タンパク質であることがわかっており,クローニングされているものもある.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

かがくじゅようき【化学受容器】

味・においなど化学的な刺激を感知する舌の味覚芽や鼻の嗅上皮。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

化学受容器
かがくじゅようき

動物体内で、物質分子を直接受容できるように分化した受容器をいう。下等無脊椎(むせきつい)動物では、化学受容器の分化は一般に低い。これに対して、昆虫や脊椎動物では化学受容器が分化し、味を感ずる味受容器と、においを感ずる嗅(きゅう)受容器に区別される。昆虫の脚(あし)(ふせつ)や口器などにあたる毛状感覚子、脊椎動物の味蕾(みらい)が味受容器であり、昆虫の触角にある毛状感覚子や錐状(すいじょう)感覚子、脊椎動物の鼻腔(びこう)内の嗅上皮が嗅受容器である。なお、血中の酸素や二酸化炭素分圧を受容する哺乳(ほにゅう)動物の頸動脈(けいどうみゃく)体や大動脈体も化学受容器に含められる。[山口恒夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の化学受容器の言及

【嘔吐】より

…頭蓋腔内圧(脳圧)が上昇したり脳血流量が減少したりすると嘔吐中枢は酸素不足に陥り,これによっても嘔吐が起こる。そのほか延髄第四脳室の両側壁の最後野と呼ばれる部分には化学受容器があり,血液中の化学物質によって刺激されるとその情報は嘔吐中枢に伝えられ,嘔吐をひき起こす。各種代謝障害,たとえば尿毒症,重症黄疸,重症糖尿病,妊娠中毒症などのときみられる嘔吐は,この機序による。…

※「化学受容器」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

化学受容器の関連キーワードゴルツの反射呼吸興奮薬ロベリン総頸動脈心臓反射化学受容味覚芽頸動脈上皮味蕾呼吸

今日のキーワード

首相指名

首相(内閣総理大臣)は国会議員の中から国会の議決で指名する(憲法67条)。衆参両院が異なった人を指名した場合、両院協議会でも意見が一致しない時は、衆院の議決を国会の議決とする。首相は文民でなければなら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android