コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

心食虫 しんくいむし borer

翻訳|borer

1件 の用語解説(心食虫の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しんくいむし【心食虫 borer】

農害虫による食害は,植物の茎葉,心部,果実,幹,地下部におこるが,とくに心部,果実に食入する害虫を総称して心食虫といい,鱗翅(りんし)目のメイガ科,シンクイガ科のものが含まれる。そのうちナシヒメシンクイモモノヒメシンクイモモノメイガ(モモノゴマダラメイガ)の3種は,日本の果実加害性の代表的な心食虫で,いずれも果実表面に産下された卵より孵化(ふか)した幼虫が果実内部に侵入食害する。一方,アメリカヨーロッパリンゴの害虫として著名なナシヒメシンクイの近縁種コドリンガcodling mothは,日本への侵入が警戒されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

心食虫の関連キーワード害虫ハムシ茎葉植物茎葉体四果蠹毒一次性害虫臭化メチル貯穀害虫病害虫防除所

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone