コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

忍ぶ髷 シノブワゲ

デジタル大辞泉の解説

しのぶ‐わげ【忍ぶ×髷】

女性の髪形の一。頭上に髻(もとどり)を立て、毛先を二つに分けて両側に広げ、髷(まげ)を作る。享保(1716~1736)のころ、若女形中村千弥が「御所桜堀河夜討」の信夫(しのぶ)の役に用いたかつらに始まり、一般にも広まった。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しのぶわげ【忍ぶ髷】

女性の結髪の一。髷の余りの髪先を二つに分けて、輪にして折り返し根で結び、その根元に笄こうがいをさすもの。「御所桜堀川夜討」の信夫しのぶ役で中村千弥が用いた髪形が広まったもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone