コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

忍ぶ髷 シノブワゲ

デジタル大辞泉の解説

しのぶ‐わげ【忍ぶ×髷】

女性の髪形の一。頭上に髻(もとどり)を立て、毛先を二つに分けて両側に広げ、髷(まげ)を作る。享保(1716~1736)のころ、若女形中村千弥が「御所桜堀河夜討」の信夫(しのぶ)の役に用いたかつらに始まり、一般にも広まった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しのぶわげ【忍ぶ髷】

女性の結髪の一。髷の余りの髪先を二つに分けて、輪にして折り返し根で結び、その根元に笄こうがいをさすもの。「御所桜堀川夜討」の信夫しのぶ役で中村千弥が用いた髪形が広まったもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

忍ぶ髷の関連キーワード御所桜堀川夜討結髪

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android