コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

忘れ形見 ワスレガタミ

デジタル大辞泉の解説

わすれ‐がたみ【忘れ形見】

その人を忘れないように残しておく記念の品。「亡父の忘れ形見のパイプ」
父が死んだとき、母の胎内にいた子。また、親の死んだあとに残された子。遺児。「兄夫婦の忘れ形見をひきとる」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

わすれがたみ【忘れ形見】

その人を忘れないように残しておく記念の品。 「 -の時計」
親の死後に残された子。遺児。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

忘れ形見の関連キーワード源氏物語/おもな登場人物アンドロマック若松賤子恨之介敦盛死後名残撫子時計遺児安東

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

忘れ形見の関連情報