コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

応益負担 オウエキフタン

1件 の用語解説(応益負担の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おうえき‐ふたん【応益負担】

自分が受けた利益に応じたものを負担すること。特に、医療・介護・福祉サービスで、所得に関係なく受けたサービスの内容に応じて対価を支払うこと。医療費を一律1割負担とするなど。定率負担。→応能負担

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

応益負担の関連キーワード直轄事業負担金対価売上高経常利益率応益自弁腹を痛める有償応能負担定率負担自損自弁