コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

忠信利平 ただのぶ りへい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

忠信利平 ただのぶ-りへい

歌舞伎「青砥稿花紅彩画(あおとぞうしはなのにしきえ)」の登場人物。
白浪五人男のひとりで,日本駄右衛門の手下。赤星十三郎の切腹をとめ,100両をあたえて日本駄右衛門にひきあわす。河竹黙阿弥の作で,文久2年(1862)江戸市村座初演。別外題は「弁天娘女男白浪(べんてんむすめめおのしらなみ)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の忠信利平の言及

【青砥稿花紅彩画】より

…3世歌川豊国の役者見立絵にヒントを得て,在来の日本駄右衛門らの人名をつかい,青砥藤綱をからませた白浪物。序幕鎌倉初瀬寺(はせでら)と2幕目御輿ヶ岳(みこしがたけ)では,弁天小僧菊之助,南郷力丸,忠信利平,赤星十三郎が日本駄右衛門を首領とする五人組盗賊団をつくる経緯が描かれるが,眼目は3幕目〈浜松屋の場〉以下。武家娘に変装した弁天小僧は南郷を供侍に仕立てて,呉服商浜松屋へ行き万引したとみせて額に傷を受け,百両をゆすり取ろうとする。…

※「忠信利平」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

忠信利平の関連キーワード白浪五人男

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android